綾瀬市にある、大和・桜が丘・高座渋谷・長後・湘南台といった小田急沿線や、海老名・かしわ台・さがみ野・相模大塚等の相鉄沿線からも通いやすいテニススクール!
        
    パソコン用  スマートフォン用

 


第1回アメリカ JTCCスプリングテニスキャンプ 要項はこちらから!
全米ジュニア育成部門 6年連続No.1クラブ
ジュニアテニスチャンピオンセンター(JTCC)アメリカ ジュニアキャンプの
魅力をご紹介します!

  興味はあるけれど…
●ジュニアテニスチャンピオンセンター(JTCC)ってどんな場所?
●どんな事を学べるの?
●実際の練習内容はどんな感じ?
●かかる費用は何にどのくらいかかるの?
 
など…
ここでは詳しくお話ししていきます!
その他、お気軽に
お問い合わせ・ご相談ください!


<目次>

1)アメリカジュニアキャンプの魅力とは?         ▲ページの先頭に戻る



国内では味わえない抜群のテニス環境!


アメリカのテニスキャンプに留学(参加)する最大の魅力は、何といっても『世界最先端のテニスが学べる!』所にあります!
 

特にアメリカは世界をリードするテニス先進国ですので、環境が充実しております。
今回ご紹介しているJTCCではオンコートレッスンにて練習するだけでなく、
基本テクニックを早い段階で上達させる為に最も必要とされている

『フィットネストレーニング』、『フィジカルトレーニング』、『メンタルトレーニング』などを、
各専門分野のスぺシャリスト達が考案した内容にてバランスよくレベルアップする事ができます!




アメリカは世界各国から色々な国の方々が移民しており、またJTCCクラブに通う生徒達も各国からテニスを学びに来ていて、
日常的に様々な刺激と経験が常にできる所も特徴の一つです。
 


子供のころから異文化に触れ合い国際感覚を磨ける!

海外キャンプに留学(参加)すると決めた瞬間から、既に国際感覚を磨く入口に立つ事となります。
現地に渡航するまでの空港内、機内、ホテルでの宿泊、食事、クラブでの生活など、様々な国の方々との交流があります。
滞在期間中、日々の生活の中で他国の文化や風習に触れ合う事により、改めて日本の文化、風習の良き部分も学べ、これからの成長に
きっと役立つでしょう。


短期語学留学も兼ね英語力向上のきっかけにできる!

現在、海外テニスキャンプの主流は、『何かを学びながら語学力を身につける!』という時代です!『テニス』という
共通のスポーツを通じ、各国のコーチ、子供達と一緒にテニスを学びながら語学力も少しずつ無理なく身につける事ができます。
語学経験が、全くないお子様でも世界共通で楽しめる『テニス』があればきっと打ち解ける事でしょう。


2)ジュニアテニスチャンピオンセンター(JTCC)はどんなクラブ?   ▲ページの先頭に戻る

アメリカ東部、メリーランド州にある歴史ある名門クラブで、冷暖房完備のインドアコート15面、
アウトドアコート(ハードコート、クレーコート、アンツーカー)15面、フィットネスジム、学校、
宿泊者専用提携ホテルを要するクラブとなります。

このクラブの最大の特徴は、ジュニア育成部門にて、
全米6年連続NO.1(ハイパフォーマンス部門)
という指導実績を誇ります。

低年齢からツアープロを輩出するまでの指導プログラムが各年代で構築されており、テニスレッスンだけではなく
あらゆる分野で最先端のテニスが学べます。

どのテニスレベルで参加しても現在自分にとって必要なテクニックなどが習得できる全米でも指折りの名門クラブとなります。
在籍しているコーチ、スタッフなどは、全米でも優秀な指導実績を誇り、とても熱意があり気さくで
ユーモアに富んだコーチが多数在籍しております。

現在、この指導プログラムで活躍中のATP・WTAツアープロは、
フランシスコ・ティアフォー、デニス・クドラ、ウィンブルドンジュニア女子ダブルスチャンピオンなど
数多くの選手を輩出しております。

また、年間通しクラブにてITF(国際テニス連盟)主催の国際大会も開催されており期間によっては国際レベルの
試合を身近に観戦し勉強することもできます。

そして、夏のサマーテニスキャンプ期間中は、ちょうどアメリカ国内ではATP・WTAツアー大会が多数開催されており、
現地クラブから1時間弱の場所に位置する
”ROCK Creek Park Tennis Center Washington DC”にてツアーレベルのテニスを
身近に観戦する事もできます。


3)2018年の夏に行なわれたJTCCサマーテニスキャンプの様子    ▲ページの先頭に戻る


第1回目のキャンプは2名の将来ある子ども達を連れ14日間の刺激的な日々が始まりました・・・



今回は羽田空港を飛び立ち、ミネソタ州東部ミネアポリス国際空港経由にてアメリカ本土へ入国。
入国審査・税関検査を済ませた後、次の飛行機に搭乗するまでの時間、空港内で語学体験・異文化交流体験を実施!
自分の食事は、自分でオーダーしてもらうなど、異国の雰囲気を肌で感じてもらいました。

 

そこから飛行機で2時間弱かけ、無事にワシントンⅮ・Cへ到着し近くのホテルにて宿泊。

翌日には、レンタカーにて移動し現地キャンプ施設のジュニアテニスチャンピオンセンターへ移動。
 



初日は、翌日から始まるキャンプに向けて技術テストなどを行い、それぞれのクラスが決定しました。
JTCCは、ジュニア育成部門全米No.1という指導実績を誇り、数多くのツアープロもこちらを卒業しております。


2018年 Summer Tennis Camp 参加ジュニアの主なスケジュール
(平日 月曜日~金曜日は下記のスケジュール 土曜日・日曜日は休み)


例:10歳以下までのクラスに参加したジュニアのスケジュール
AM6:00 起床・朝食

AM7:00 クラブへ向けて出発

AM7:30 クラブ到着

※クラブトップチームの練習見学や自主トレーニングをして過ごす

AM9:00~10:00 フィットネストレーニング 1時間 

AM10:00~10:30 休憩

AM10:30~12:00 オンコートレッスン(インドアコート)

PM12:00~13:00 ランチ 毎週金曜日は、ピザパーティー 

PM13:00~14:30 オンコートレッスン・マッチプレイ(インドアコート)

PM14:30~15:00 休憩

PM15:00~16:00 マッチプレイ(インドアコート)

PM16:00~18:00 休憩・自主練

PM19:00 帰宅 夕食など

PM20:00~22:00 勉強・自由時間

PM22:00 就寝
 

例:トップから2番目のチームに参加したジュニアのスケジュール

※クラブ到着、帰宅までのスケジュールは一緒
AM6:00 起床・朝食

AM7:00 クラブへ向けて出発

AM7:30 クラブ到着

※クラブトップチームの練習見学や自主トレーニングをして過ごす

AM9:00~10:00 フィットネストレーニング(特別に交渉し参加)

AM10:00~10:30 プライベートレッスン(主にウィークポイントを克服)

AM10:30~12:30 フィジカルトレーニング

PM12:30~13:30 ランチ

PM13:30~15:30 オンコートレッスン(アウトドアコート 雨天時インドアコート)

PM15:30~16:00 休憩・自主練

PM16:00~18:00 マッチプレイ
 
キャンプの始めの1時間は、フィットネストレーニングを連日行います。
このトレーニングがキャンプ最終日に向けて個々の能力をレベルアップする大事なメニューとなります。

トレーニングの次は、午前中は各年代に必要な技術練習・戦術練習などを行ってお昼を挟み、
午後は午前の復習・マッチプレイ、そして1日緊張感のある中で練習を行い気持ちも疲れているので、
最後は、みんなでお遊びのゲームや体を使った楽しいゲームをワイワイ行って1日を終えます。(10歳以下のクラス)





トップチームから2番目のクラスともなれば、更にレベルの高い内容が用意されており、コーチ達も選手達に
個々の限界を突破させるトレーニングや練習をとても熱意のある姿勢で取り組んでおりました。

また、今回滞在期間中幸運にもクラブ現役ツアープロのニック・キリオス選手が来場され
記念撮影をさせて頂きました。
コートの上とは違い、とても心優しいNice Guyでした!



滞在期間中には、この様な出来事も突然あるので、練習以外の時間もとても刺激的です。
また、このキャンプ中のお昼は、自分達で好きな物を用意し食事をします。
現地の子供達は、とにかくよく食べます(私よりも食べてました・・・それも低学年男子・・・笑)

そして、お昼を手早く済ませ、休憩中は、みんなで決めたオリジナルゲームにて
楽しくテニスをしていたり、コーチも交えてアメリカ流の(日本でいうだるまさんが転んだ)遊びをしたり、
誕生日のジュニア生を皆でお祝いをしたりなど、とにかく活気あふれる毎日が続いていました。




参加した子供達もキャンプ中盤を過ぎるころには、言葉の壁を越えテニスを通じて、
お互いコミュニケーションを取れる様になり子供達なりに打ち解けていました。
子供達の順応能力はとても素晴らしいものです。



そして、キャンプの時間後半に行う、マッチプレイからのみんなで行うお遊びのゲームやトレーニングが、とても楽しい!
(私も一緒に混ぜてもらったのですが本当に楽しい!)
これを最後にやる事により次の日もまた、楽しくテニスしに来ようと思える練習です。
体感したい方は是非参加してみてください!

他には期間中クラブから1時間弱の場所にある
”ROCK Creek Park Tennis Center Washington DC”にて
ATP・WTAの国際大会を観戦に行きました。
今回の参加者の子が、誕生日だという事と錦織選手のファンという事も重なりサプライズで観戦チケットをプレゼント!
4大大会最終戦 USオープン開幕前の大会という事もありこの日はとてもエキサイティングな好ゲームが観戦できました。
さすがに錦織選手と、記念撮影は出来ませんでしたが、
ダビド・ゴファン選手と記念撮影もでき良い1日となりました。
 


また、キャンプは土・日がお休みなのでテニス以外での異文化を体験してもらう為に
現地コーチがお勧めする観光地で2時間かけ、
ヴァージニア州にあるリュレー・キャバーンという鍾乳洞へ向かいました。

  

異国情緒ならではの雰囲気も満喫し夏休みの宿題にしてもらいました。
そして、その足でワシントンD・C観光へ出発 ホワイトハウス、ワシントン記念塔、国際貿易センタービルなどを観光し
スケールの違いを実際の目で感じてもらいました。
  



最後は、お約束のお土産を買いにショッピングモールへ日本にあるショッピングモールを更に大きくした感じで、
品物の豊富さには困りませんでした。(店舗が多すぎて買うのに迷うので事前に決めておくと良いかなと・・・)
滞在期間中の食事は、これぞアメリカと言うような食事ばかりですが、たまに食べるお米など日本食の有難さも滞在中は、
実感できます。

今回参加して頂けた子供達も最終日には、少しずつではありますが色々な事に対応でき、今後の成長に期待したいです!

以上のように毎年Summer Tennis Campは上記のスケジュールにて進んでおります。
(キャンプ休日の内容など一部変更もあります。)

是非、ご興味のある方は、先ずはご質問だけでもお気軽にお受けいたしますので下記のアドレスまで
ご連絡頂けたら嬉しいです。尚、今回の春3月に行われますキャンプは、夏のキャンプと違い
クラブとのオリジナルキャンプにて構成しておりますので、詳しくお知りになりたい方は
先ずは一度ご連絡を頂けたら幸いです。
将来あるお子様の人生のお役に立てられるキャンプにしたいと考えております。
皆様のお問い合わせお待ちしております。
アメリカキャンプ 責任者 小田急藤沢テニスガーデン ヘッドコーチ 関口 義和

4)テニスキャンプに必要な費用は?何に使うの?          ▲ページの先頭に戻る




テニスキャンプに参加したい気持ちはあるけど、実際渡航するのに気になるポイントの一つに上がるのが
費用がどのくらいかかるのか?かと思います。

・全体の費用はどのくらいかかるのか?
・キャンプに参加する前、参加している期間も含めてトータルしてどのくらい費用が必要か?

そんな疑問にお応えできる材料として、費用の内訳をまとめてみました。
そして、渡航に向けての費用負担を少しでも軽くする為のヒントもまとめてみましたので、参考にしてみてください。


費用① 出発までにかかる費用 Tennis Camp中の費用


費用にはテニスレッスン料、トレーニング料(受講日数分)、ジム施設利用料、登録料、宿泊費、食費、外国送金手数料、
航空券手配料、記念グッズ、引率者サポート費などが含まれます。

滞在期間に対してのかかる費用(目安となります)
1週間滞在  250,000円~330,000円
2週間滞在 340,000円~450,000円
3週間滞在 460,000円~570,000円 
※料金の変動は、現地レッスン、トレーニング、宿泊地、食事などにより変動がございますのでご了承ください。


渡航費用

往復航空券、国内、国外移動時の交通費なども含む
150,000円~300,000円くらいが目安となります。
※渡航費用は、シーズンによって変動がありますのでご了承ください。 


海外旅行傷害保険費用

万が一起こりうるトラブルに対しての医療費を補償するものです。
滞在期間中、万が一体調を崩した場合や怪我をした場合などが考えられますし、
アメリカの医療費は日本と違い高額な請求をされますので、出国から帰国までの期間は、
必ずご加入頂くようにお願い致します。

1週間くらいの補償だと・・・ 3,000円~8,000円 
2週間くらいの補償だと・・・ 6,000円~12,000円 
3週間くらいの補償だと・・・ 9,000円~16,000円

※各保険会社によりお負担額、補償内容が違いますので皆様に合った保険をよくお選びください。
その保険会社に加入したらよいかのご相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

パスポート申請費用

19歳以下の方は、5年用パスポートになります。
パスポートの申請はお近くのパスポートセンターにて取得できます。
尚、申請から取得までにかかる日数は、約1週間かかります。
又、航空券をこちらで予約する関係上、パスポート番号が必要となりますのでお早めに申請する事を
お勧め致します。

5年用パスポート費用
申請時に12歳未満の方・・・ 6,000円
申請時に12歳以上の方・・・ 11,000円
※その他、申請について情報は、最寄りのパスポートセンターをお調べ頂くか、
担当までお気軽にご相談ください。

費用②〈滞在中にかかる費用〉


<飲食費>
基本的には、参加費の中から朝昼夜の食費は出ますが、それ以外の飲食に関しては自己負担となります。
1日贅沢しなければ・・・500円~1,000円

<ストリングの張替え費用>
自分の使っているストリングを持っていき張り替える事もできます。
又、下記費用は、ストリングは別途料金となります。
2,000円~2,500円

<プライベートレッスン費>
1時間 希望コーチのグレードにより料金は違います
12,000円~18,000円 

※その他オプション メンタルトレーニング、フィットネストレーニングなど、
事前にご要望があれば現地クラブと調整し手配致します。

渡航に向けての費用負担をおさえるヒント

ヒント① 滞在期間中の出費をできるだけ抑える!

キャンプ期間中は、そんなにお金は使いません。
平日の時間殆どはクラブで練習ですので使うとしたら下記のような出費かと考えられます・・

・練習中の飲み物
 大きなスーパーマーケットで購入すればかなり安く済みます。
 滞在中は買い物に行くので上手に利用しましょう。
・自分のストリング・グリップテープなどテニスに必要な小物を準備して日本から持っていく 
・引率者におねだりする
 あまり期待できないですが、物は言いようかもしれません(笑)

ヒント② 航空券の手配を早めにお願いする

往復航空券の手配は、皆様に代わって手配を行っております。
お申込時期により航空券の料金は変動しておりますので、参加が決まりましたら
お早めにお手続きをされる事をお勧め致します。
尚、一度航空券のご予約を致しますと参加時期によりキャンセルができなくなり、
ご返金が出来ない場合がございますので、ご了承ください。

どんな事でも先ずはお気軽にご相談ください!

5)その他お問い合わせ・ご相談につきまして   ▲ページの先頭に戻る

<お問い合わせ先>
電 話:
0467-76-1500
メール:
usa_japan_spring_tenniscamp@yahoo.co.jp

直接会ってお話ししたい方は上記お電話またはメールにてご連絡ください。
お会いする日時をお決め致します。
JTCCキャンプにつきましては関口が担当致します。

小田急藤沢テニスガーデン
 
 
営業時間
〒252-1106
平日 9:00~21:00
神奈川県 綾瀬市 深谷南 7-2-1
土日 8:00~18:00
TEL:0467-76-1500
定休日:無し(月曜日は大会のみ開催)
FAX:0467-76-1507
 



●どの辺りから通いやすいの?

綾瀬市(深谷・上土棚・落合・早川・吉岡・綾西・蓼川・大上・寺尾・小園他)
大和市(下和田・上和田・福田・渋谷・代官・柳橋・草柳・桜森・桜丘・田中・高等町・いちょう団地他)
海老名市(国分寺台・国分・浜田町・大谷・中新田・本郷・杉久保・今里・上河内・中河内・柏ヶ谷・勝頼他)
藤沢市長後地区(長後・高倉・下土棚・土棚)
藤沢市湘南台地区(湘南台・円行・石川・桐原町・今田・亀井野)
藤沢市御所見地区(用田・葛原・菖蒲沢・獺郷・宮原・遠藤)
寒川町(倉見・小動・小谷・大蔵・宮山・芹沢他)
横浜市泉区(上飯田町・和泉町・下飯田町・深谷町他)
横浜市瀬谷区(下瀬谷・宮沢・南台・北新・橋戸・瀬谷他)

からも通いやすいです!